シェフ

オーナーシェフ坂井宏行

真っ白いコックコートと背の高い帽子に憧れ17歳でフランス料理の道に進み40余年。これまでに多くの方に出会い、お客様の笑顔に支えられてきました。何よりも料理を作るのが好きな私はこれからも料理人でありつづけます。

1942 鹿児島県に生まれる。
17歳でフランス料理の世界に入り、「ホテル新大阪」で修業を始める。
19歳の時、単身オーストラリアに渡り「ホテルオリエンタル」にて力をつける。1年半の修業の後、帰国。
1963 銀座「四季」にて、3年間修業。
その後、青山「ココ・パームス」「西洋膳所 ジョン・カナヤ麻布」にてシェフを務める
1980 38歳にて独立。「ラ・ロシェル」をオープン。オーナーシェフとなる
1994 2月 フジテレビ「料理の鉄人」に出演
1999 2月14日「ラ・ロシェル南青山」をオープン
9月にフジテレビ「完全なる料理の鉄人」で最強鉄人になる
2002 9月6日「ラ・ロシェル福岡」をオープン
2005 フランス共和国より農事功労章「シュヴァリエ」受勲
2010 「ラ・ロシェル山王」をオープン

日本の懐石料理を取り入れた盛り付け、色使いの美しい料理が特徴である。

著書
「ボクは料理長、ときどき鉄人」 講談社
「ムッシュ坂井の僕流フレンチを召し上がれ!」 KKベストセラーズ
「坂井宏行のフランス料理」 廣済堂出版
「坂井宏行のカジュアルフレンチ」 レタスクラブ
料理の鉄人
1993年日本で始まった「料理の鉄人」は、今やアメリカで放送され人気番組に。
オフィシャルブックも発売され、アイアンシェフは大反響を呼んでいます。

工藤敏之

1957年 北海道 今金町に生まれる。
1985年 森永レストラン『東京エアポートレストラン』を経て、
『フランス料理店 ラ・ロシェル』に入社(青山)
1989年10月 渋谷に移転、同時に料理長に就任。
1996年9月 取締役総料理長に就任。

・著書に『引き継ぐもの』(中央公論社)がある。
・現在『ラ・ロシェル』『ラ・ロシェル南青山』
『ラ・ロシェル福岡店』『ラ・ロシェル山王店』
3店舗の総料理長として多忙な毎日を過ごしている。

毎日店に出て、スタッフと料理をすることが楽しくて仕方がないというシェフ工藤。

ムッシュ坂井の「料理は、目で楽しませ、食べてさらに美味しさを感じさせることが大切」という教えをいつも胸においている。

若い頃から「自分が目指したいものを見つけること」「夢を夢で終わらせないこと」 「一生懸命に打ち込むこと」をモットーに調理場に立ち、料理を作り続け 「シェフになりたい」という夢を実現した。実現の最大ポイントは、「自分の希望に なる最大の師匠と出会うことです。だから、私は、最高にラッキーなのです。」 召し上がる方からため息が出るような見た目にもインパクトのある一皿を作り続け たいと日々メニューを考えています。その裏側には、当然見た目だけではなく、 味わいや季節感を大切にし、召し上がる方を思う気持ちがたっぷりと盛り込まれて いるんです。「次代のシェフにも同じように“料理を作ることで人を幸福に出来ること” のすばらしさを実感して欲しい」と願いつつ毎日、 スタッフと明るく楽しく仕事をしています。 そんなスタッフの元気なパワーが 料理を通してお客さまに伝わるんです。

ページトップ